ウチナー瞑想日記

日常に瞑想を取り入れてメンタルのチューニングをしてみませんか?沖縄の34歳うんこバーテンダーが書いてます。

体調管理と瞑想

 こんにちは、今回も久しぶりのUP。ブログ用にパソコンを買ったので今日からまたサクサクといろんなことを書いていこうと思って張り切ってます。いい感じのパソコン買ったので使いまくろうと思っております、パソコンサイコー(^^♪

 

 

 今回は体調管理について。季節の変わり目に弱いわたくしは、最近喉の不調に侵されておりまして明け方になると咳が止まらず苦しんでおります。咳のせいでぐっすり眠ることができずそれがストレスになり、ストレスが食べ物の消化不良を起こし、また運動しても筋肉がつかず、ただ疲れるだけになりかなりの負のスパイラル。疲れたらいつもより他人にやさしくもできずに少し自己嫌悪になってしまったりするのでそれもまたストレス。そんな生活の中で瞑想をしても集中が続かなかったり、いいイメージが浮かばなかったりでいい感じも瞑想もできませぬ。

 

 いつからか、季節の変わり目はこんな感じの生活になっております。ことしはこの症状がだいたい2週間くらい続いてやっと今日から復活の兆しを感じております。まだ喉の違和感があるのでトローチを舐めて、体調不良を舐めずに気を使って生活してかないといけないと思ってますが。

 

 体調不良はしんどいです、久しぶりの体調不良なので余計にしんどい。体調が思わしくないともちろん思考にも影響がでます。本を読む気力もないし、なるべくむつかしい事は考えないように無意識的に考えてつまらないDVDをみたりして、そんな時間を過ごしてしまう自分に少しうんざりしたりして。まさに負のスパイラルです。 

 

 体調管理はかなり大事なだと、最近は心から思います。ほんとに楽しく生活を送りたいのなら、自分は今をどう楽しめるか?ということに真面目にとりくんでいるので1番大事なことは体調管理だと思ってますし、今回の体調不良で再確認することができました。なので今回を経験をこれからに活かすために、さらにこれから気を付けたいことを書いてこうと思います。

 

 まずは食事を大事に、僕の命の源の食事。光合成はできないので食事からパワーをもらうしかないので、食事を大事に。いろいろと実験がてら食事に気をつかってますが、今自分が食事をとるうえで大事ななことは、なるべく少量にする。まずは量だと思います。大量に食事をとると消化器官が疲労してしまうのと、たべものには毒素が必ず入っているという認識なのでなるべく少量で済むように自分と相談しながら食べるように気を付けていこうと思ってます。燃費のいい体にしようとも思ってます。まだ、どのくらいの量の食事が自分にあっているのかわからないですが、少しずつ減らしてる段階です。

 また、食事する時間に制限をかけることもやってます。空腹を時間をなるべく長くしてます。空腹時間を長くして、消化器官に負担をかけないように気をつけます。

 食事の質にも気をつけてます。炭水化物を3分の1くらいにへらして、肉や野菜を多くとってます。人類は炭水化物を取り始めてまだそれほど時間がたってないので、麺やパン、米などの炭水化物は消化するのにまだ不慣れだという仮説を信じてるので、なるべくこのような炭水化物は少量にしてます。考えてみれば今年に入って麺とパンは口にしてません。基本は玄米食ってます。

 あと、消化器官の臓器や、器官内にいる微生物のことを考えて食事をしてます。消化器官と腸内細菌にやさしい食事をこころがける優しさ。この優しさは大事だと思ってます。人間は2足歩行になて腸が短くなり食べ物を消化する機能が落ちてしまいました。しかし、腸内細菌君たちの力を借りることによってその負の部分を補ってもらってます。ありがとう腸内細菌達。このことを少し理解して食事を楽しむべきなのです。

 

 

 食事だけで少し長くなってしまいました。また、次回に続きを書いていこうと思います。まだ、つばを飲むのもしんどいですが、今日も張り切って生きていきます。では、また後程。